Jun Iyama -- 伊山 潤

Researches 研究内容の紹介

建築鉄骨構造を中心に、地震応答、破断や座屈挙動、損傷計測・評価、モニタリング、地震波動解析、などの研究を行っています。 近年の研究からいくつかのテーマをご紹介いたします。

We are conducting research on earthquake response, fracture and buckling behavior, damage measurement/evaluation, monitoring, seismic wave analysis, etc. focusing on building steel structure. Here are some research themes from recent activities.

最近の卒業論文

  • 微動ひずみ計測による局部座屈検出法に関する研究, 2021 年度 修士論文
  • 加速度・ひずみ応答計測による実建物の構造性能評価技術に関する研究, 2021年度修士論文

Lectures 講義

  • Welding Engineering(S2: Fri2) 溶接工学
  • Steel Structures(A1: Tue1, Fri1) 鉄骨構造
  • Exercises in Steel Structure Design(S1: Mon34) 鉄骨構造演習
  • Applied Elasticity for Buildings (A2: Mon1, Thu1) 建築弾性学
  • Disaster Mitigation Technologies for Buildings (A2: Tue1) 減災構造工学
  • Wave Analysis 大学院講義 波動解析論
  • Excercise on structrual and material design 大学院講義 建築構造・材料設計演習

Webapps

Contact

大学院修士課程および博士課程に、学内外からの学生を広く受け入れます。研究内容に興味のある方、 修士課程・博士課程への入学を検討されている方は、メールでお問い合わせください。

To International students : I would be happy if you are intersted in my research and activities in my labo. However, I will not accept any privately financed Research Student (Kenkyusei). If you want to enter Master course, directly apply for it without via Kenkyusei. If you have any questions, ask me via email.

iyama@arch1.t.u-tokyo.ac.jp